土曜日の出来事②

category - かい☆せら
2006/ 09/ 24
                 
以前 宝塚の観劇に出かけた時 せらをいつもお世話になっているトリマーさんのホテルへ預けた事がありました。
そして 迎えに行った時にはお鼻が赤くむけています。きっとバリケンの中で「外に出してぇ」っとガリガリしたのだと思います。
トリマーさん曰く、誰かが部屋に居てくれたら大丈夫♪でも 一人になってしまうと後を追う!のだそうです。
かい命☆のせら子は かいが居れば大丈夫♪なのです。でもそれで良い訳がありません!
思い起こしてみると、せらは一人きりになった事が無いと思います。
母が出かけている時は、サークルの中でお留守番ですが、いつもかいが居てくれます。
ホテルに預けた時も、かいと一緒の事が多いですし・・(;^_^A
せらを一人にする環境が無かった・・いえ、そういう環境を勉強させてあげなかった母がいけないのです。
そして せら子は「分離不安」なのだと母は思いました。

手始めに、自宅での一人はどうかな?っと思い、せらを置いて かいと出かけてみました。
せらを一人置いて・・っと言っても
            

2階には飲み歩いて朝方帰省のかい父が爆睡中o( _ _ )o...zzzzzZZです。
気配無く爆睡中のかい父にせらが気付くはずも無く・・。せらをサークルに入れてかいと二人 お山へデートに出かけたのでしたヾ(^o^)ゞ
                  ★
                  ★
                  ★
        魔のデート後自宅にて せらの様子をかい父に聞いてみると。。

        かい父「せら 俺の隣で眠ってたぞ!」
            へっッ・・(◎-◎;)??
          おっしゃっている意味が判りません。。

2階はかい☆せら進入禁止!のかい宅では、かいもせらも階段を登ろうとしません。
それはきっと かいが階段を登らないのでせらも登らないだけだと思うのですが、毎朝かいは階段下で母が降りてくるのを見上げながら待っていてくれます♪

         そして今回・・母の推理&父の記憶☆ではd(^_^;
母達が出かけてしまうと、せらは「フフフフッフフフフ」っと鼻で鳴くていたそうです。
その声に起きたかい父が 2階のトイレに行き、また直ぐに寝室でo( _ _ )o...zzzzzZZ。。
きっとせら子は 2階の足音やバタンと言うドアの音で2階に誰か居る事に気付いたのだと思います。
せらのサークルは高さ120cmの8面サークルなので飛び出す!事は出来ないのですが、きっとあの細っこい鼻や前足を使って3箇所の施錠部分を押し出して脱出したのだと思います(かい父曰く、サークルの扉は全開だったそうです)
         そして 禁断の2階へGO---=3
2階の寝室の扉はきっと少し開いていたのかな? そこからかい父を見つけて、嬉しくて添い寝をしていた模様です(*^。^*)。
      IMG_8788.jpg
かい父を見つけた時のせら子、きっと嬉しかったんだろうなぁ(*^。^*)

せら子に気付いたかい父が飛び起きて、せらを叱ると、凄い勢いで階段を降りて行ったのだそうです。
狭い階段を転げ落ちなくて良かったよ(^.^)
そして 洗犬されているかいの側に行きたくて、またもや鍵抜けをしようとがんばってしまうせらなのです(^_^;)
でもね・・やっぱりかいと離れて一人になる事に慣れてもらった方が良いよね。。
             っという事で!
        午後はせらと二人でデートです☆

楽しいデートとお話は「土曜日の出来事③」でお話致します。。

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント