迎えられなかったセカンド・バースディー☆

category - かい☆せら
2014/ 03/ 03
                 
   3月3日のひな祭りの日は、かいのセカンド・バースディーです。

   12年前の雛祭りの日に、かいを家族に迎えました。
   今でもはっきりその日の事を覚えています。
   お天気も曜日も一緒に来たかいの兄弟の事も♪

   「犬を飼う事にしたから、サークルとか色々揃えておいて」byかい父
   お昼にその電話を受けて、かい父の会社に向かいました。
   「こいつにしたから」byかい父
   かい父の指差したのは
   ソファーに座るかい父の左太ももと肘置き部分の間に潜って寝ていたかいでした。
   一緒に来た三匹の兄弟は床でプロレスごっこをしていました。
   一足先に自宅に戻り、サールク等を設置していると
   かい父のジャンバーの胸部分からヒョコンと顔を出してかいがやって来ました。
   猫ジャラシがオモチャでした♪
   12回目のセカンド・バースディー1
   体重も2.5キロしかなくて チャカチャカしてて^^♪

   動いていても眠っていても すっと見ていたかった・・・懐かしいな(^.^)

   3月2日♪
   お久しぶりのモエちゃんズファミリーと雪原に出かけました。
            

   モエちゃんズのママさんは、平日学生をされているのでご一緒できるのは休日です。
   お疲れの所、貴重な休日をせらとご一緒してくださってありがとうございます。
   お久しぶりの、わんこdayを楽しんで参りました♪♪
   
   皆それぞれ思い思いの場所を散策~☆
   
   散っているワンズ達を羊飼いの様に纏めながら雪原を進みます。

   冬は歩くのが一番!
   運動不足も解消できますし、体もポカポカ暖かくなります。
   そして、ワンズの笑顔♪
   12回目のセカンド・バースディー2
   嬉しい事尽くめです(*≧∀≦*)

   12回目のセカンド・バースディー3
   せら☆セリちゃん♪
   せらの方が六つも年上ですが、セリちゃんの方が大人に見えます。
   マイペースなセリちゃんですが・・
   この時だけは 違います( ̄∀| ニヤリ~
   
   皆おやつが大好きだものね(*^。^*)

   皆それぞれ走ったり探索したりと楽しんでいる中
   ともちゃんは、ともちゃんだけの一人遊びに没頭しておりました。
   12回目のセカンド・バースディー4
   ワッセワッセ=3ワッセッセ=3=3
   12回目のセカンド・バースディー5
   最初は松ぼっくりだったのに。。
   いずれ、体より大きな杉の枝を引きずって走る勢いのともちゃんです(#^.^#)
   12回目のセカンド・バースディー6
   お久しぶりのモエちゃんズママさんと
   積もる話に花が咲き、あまりお写真を撮らずに話し込んでしまいました。。
   
   今日も楽しかったです。
   帰り道は
   12回目のセカンド・バースディー7
   せらが先頭でモエちゃんズファミリーの皆さんとトットコトットコ歩いてゆきました。

   せら&私との雪原&雪山ですと、せらの後ろ姿を追う私ですが
   こうやってお友達とご一緒するとせらの色々な表情を見る事ができて本当に楽しいです♪♪

   気付けばもう3月!
   雪原を楽しめるのも、あと僅かです。。

   3月3日♪
   今日はせらと高台の散歩道を流浪って来ました。
   12回目のセカンド・バースディー8
   気持ち良いです( ̄▽ ̄)=3
   前日に雪原を三時間以上も楽しんだおかげで、軽く筋肉痛の私。。
   今日はのんびりとテクテク散歩を楽しみました^^
   12回目のセカンド・バースディー9
   今日の風は春の風のようでした。
   舞っていた雪も花びらのよう❀❀
   楽しい散歩道でした♪

   散歩の後は、流浪の間 入り浸ろうと策略している「ハーツ」さんへ(-_^)---☆
   12回目のセカンド・バースディー11
   いちごたっぷりのフォンダンショコラを頂きました(#^.^#)
   ママさんお手製のフォンダンショコラ☆
   超ーーー美味でございます~+.(≧∇≦)゜+.゜

   ハーツさんに入り浸っている間・・私 確実に太ります!
   断言します。 はい太ります!!! 

   せらの「私もお腹がすいたの♪」の目線に負けて
   12回目のセカンド・バースディー10
   せらちゃんには鳥軟骨のおやつ。

   とても美味しそうに食べていました^^

   ハーツさんでマッタリさせて頂き、シュガーちゃんパピーに会いに出かけました。
   12回目のセカンド・バースディー12
   まだ目も開かないくらい小さくて可愛いです。
   
   せらはパピーちゃんに囲まれて、戸惑い気味・・(^_^;
   最後は、私の膝の上で、抱っこ星人になっていました。。
   重かったぁ~(^O^;

   今日はかいのセカンド・バースディー。。
   かいは、4頭の兄弟姉妹の中からかい父に見初められて我が家にやってきました。
   だからでしょうか・・
   かい父のかいへの愛情は海よりも深いように思います。
   かい父は、
   私のように日記を書いたり、毎日散歩をしたりと表立った行動はしていないのに
   ご飯だって、私が用意をしているのに かい☆せらの絶大な信頼を得ています。
   12回目のセカンド・バースディー13
   かい父は、かいが可愛くて可愛くて・・本当に可愛がっていました。
   かい☆せらの異変などに いち早く気付くのもいつもかい父でした。
   
   かいが亡くなってからも、私は日記で心の内を書く事ができますが
   男のかい父は、黙して語らずです
   
   かいは毎朝、玄関でかい父に「いってらっしゃい」をします。
   そして、毎晩「おかえりなさい」と出迎えてくれました。

   かいが亡くなった後、毎朝毎晩のお出迎えにかいが居ない。。
   かい父は口には出しませんがとても辛く感じていました。
   12回目のセカンド・バースディー14
   玄関を開けると、かいの笑顔が出迎えてくれました。
   かいはいつも笑っている子だったから
   かいさんの笑顔は私とかい父にいつも百万馬力の元気をくれました。
   12回目のセカンド・バースディー15
   今でもかいの笑顔を見ると、心がほっこりします。
   その後、もうこの笑顔を見る事もかいをハグする事も永遠に出来ないんだ・・
   そう我に返って落ち込みます

   12回目のセカンド・バースディーも迎えたかった。
   
   亡くなった仔は「虹の橋のたもと」で飼い主さんが来るのをずっと待っていてくれるといいます。
   そして、飼い主さんと一緒に虹の橋を渡るそうです。
   「かいちゃんも待っていてくれるよ」。そう教えて頂きました
   でも 私は
   今まで一人ぼっちになった事の無いかいが、
   何年も何年も私達を待っている不安な気持ちを思うと身が裂かれる様に辛いです
   「私やかい父を待たなくていいよ、天国の義父が迎えに来てくれるから
         義父と一緒に天国に行って 魂を休めて次の来世を生きて欲しい」そう思います
   12回目のセカンド・バースディー18
   かいちゃん 一人にしちゃってごめんね。。
   いつもそう思い、悔やみ、かいのお仏壇で手を合わせています

   「いつまでも悲しんでいると、かいちゃんも悲しくて天国に行けないんだよ」
   そう慰めて頂きました。
   私達のせいでかいが天国に行かなかったらそれこそ大変!
   でも やはり辛く悲しく思います。
   かいちゃんの為にも!せらの為にも!!笑っているんだ♪
   そう思い、気持ちを上げてゆくのです!!
   
   今の私の力になっている言葉があります。

   それは先日の新聞に載っていたコラムだったと思います。

   『夜と霧』の著者でらっしゃるヴィクトール・エミール・フランクルさんのお話です。
   
   とある老人が、公園のベンチに一人座っていました。
   その老人が隣に座ったフランクルさんに自分の話をしました。

   妻を亡くし、私は一人きりになりました。
   話し相手もおらず、やる事もなく、毎日が只々過ぎてゆくだけです。。
   妻を亡くし、こんなにも悲しく寂しく・・生きている意味がありません
   そう嘆く老人にフランクルさんは答えました。
   「あなたが今、こうして生きているだけで、あなたが生かされている意味があるのですよ
    もし、あなたが妻より先に天に召されていたなら
     あなたの妻が、今のあなたと同じように悲しく寂しい思いに打ちひしがれます
      あなたの愛する妻に、その辛さを与えずに済んだのですから、あなたは幸せ者です」
   そうフランクルさんは言いました。

   私のヘタレた気持ちを立ち直られてくれる言葉でした。
   
   かいは幸せなワンコだったんだ♪
   そう思います。
   12回目のセカンド・バースディー16
   かい父も私も心からかいを愛していました。
   両家の実家の家族もかいを愛してくれました。
   お友達やせらとドッグランやお山や雪原を楽しみ
   慰問活動や、お洋服のモデルのお仕事もさせて頂きました。
   どれもこれもかいの大好きな事でした。
   っと言うか・・
   どの活動にも、関わる皆さんがかいを可愛がってくださいました。
   おかげで かいは人間が大好きでお友達が大好きで♪
   私達家族に関わる全ての方々にかいは育てて頂きました。
   幸せな子でした。

   そう。。かいは幸せな子です
   そして、かいと共に、私達家族も幸せな人生を頂きました。
   私の一生の中でもとても貴重で幸せで大切な11年間でした。
   かいさん せらさんのおかげです☆☆  

スポンサーサイト