かいと歩いた道を。。

category - かい☆せら
2013/ 05/ 05
                 
   かいが亡くなった折には、暖かいメッセージの数々をありがとうございました。
   何度も何度も読み返しました
   そして、
   かいが皆様のお気持ちの中に小さな明かりを灯す事が出来たのでしたら
   かい共々、私も心から嬉しく思っております。
   本当に本当にありがとうございました。

   かいが亡くなって二週間が経ちました。
   かいが私達の前からいなくなってから、曜日の感覚が無くなりました

   かいが亡くなった日曜日が唯一感覚としてわかる曜日となりました。

   もう一週間が経っちゃったんだ・・もう二週間も経っちゃった。。
   そんな感じで日々が流れてゆきます
   曜日の感覚が無くても、朝は起きますし 食事の支度やお洗濯や掃除等々
   淡々と家事を行ってるのがなんだか不思議です
   せらのお散歩も行きます。
   
   かい☆せらといつも一緒に歩いた散歩道
   かいの速度とせらの速度が丁度良いコンビで、
   私もスタスタと歩く事が出来ました。
   でも 今は、せらは「合いの手」を入れてくれていたかいが居ないので
   早足になったりのんびり足になったり
   私とせらのコンビは、まだリズムに乗れずにチグハグしています。
   それに・・  
            

   ご近所の散歩コースにはかいの面影がたくさん♪
   泣きながら、せらと歩く散歩道。。 
   きっと気付いた方は不気味に思われていらっしゃると思います。
   
   実家の仕事もポツポツ手伝い始めました。
   桃の花が咲き始めているので、花摘みに忙しい時期を迎えつつあります。
   その合間に、せらと高原ランに出掛けますが
   せらと出かける散歩には、必ずかいも同行しています。
   かいのカラーと一緒に歩きます。
   かいも一緒1
   かいが居ないと全く走りません。
   かいも一緒2
   かいとの思い出の場所なので、私も涙涙です。。
   そんな時に、ランにワンコが入ってくると
   なんだか飼い主さんに申し訳ないと言いますか・・不気味でごめんなさい。
   そう思う日々です。

   ランでは走らないせら。
   かいが居なくても、せらが走ってくれる場所は、やっぱり里山。
   かいも一緒に里山を歩きます。
   
   かい☆せらとの沢山の思い出が詰まっている里山です。
   かいも一緒3
   平日の里山でしたら、誰もいないので
   かいを思い出して涙にくれて歩いても平気。
   何より、
   思いっきり大声で、「かいーーーーっ せらーーーっ」と呼ぶ事が出来ます。
   
   お山で「かいーーーっ」って呼ぶと、
   「チリリン チリリン」と鈴を鳴らしながら走ってくる
   かいの足音や息遣いが聞こえて来そうでとっても嬉しいのです。
   かいも一緒4
   大声で「かいさぁ~~ん」と叫ぶので、
   せらが、にぃが来るのを待っています。。 ごめんね、せら。。
   ・・・せらと二人でお山を歩いて
   かいの頼もしさに改めて気付きました。

   せらは先にズンズン歩いて行ってしまうし。。
   私は一人。。
   もし、イノシシやクマが出てきたらどうしよう。。
   今までは、かいが私の側に居てくれたので、どんな山も平気で歩きましたが
   今は・・なんだかちょっと不安です。
   かいのカラーを握りながら
   「かいさん側に居てくれるから大丈夫♪大丈夫♪」と言いながら
   お山を歩きました。

   先日、かい☆せらと出かけたお山で
   大声で「かいーーーっ 大好きだよ~~~」と叫んだら
   前方から、男の方がトレッキングに歩いていらっしゃいました。
   人がいたなんて・・・「大好き」って叫んじゃった!あっ 恥ずかしい。。
   前方を歩くせらに託けて
   「せらーー ご迷惑かけちゃダメだよーー 
                 かいーーっ 大ちゃーーんっ おいで~」
   っと架空の「大ちゃん」を登場させて、恥ずかしさをごまかしました(^_^;)

   ご近所を歩くお散歩は、かいの面影がいっぱいで、いつも涙に昏れてしまいます。。
   ですので、お花見も兼ねて、少し車を走らせてのテクテク散歩に出かけています。
   
   河岸側には、かい☆せらと歩く山並みがクッキリと見えます。
   かいを感じながらせらと歩きました。

   GW中は見頃を迎えた、桜並木!
   かいも一緒7
   ガクちゃんと一緒に、かいの思い出話に花を咲かせながら、
   桜並木からお街のランまで、お花見をしながら歩きました。
   かいも一緒5
   ふわりと広がる桜の香りが心地よいです。
   かいも一緒8
   かい☆せらと歩く山の峰々
   かいも一緒9

   かいも一緒10

   かいも一緒11
 
   かいも一緒12

   かいも一緒13
   気持ちの良い春を楽しみました。
    
   この二週間の間 私が楽しみにしている時間があります。
   それは、かいに頂いた沢山のお花のお世話です。
   それと、かいに会いに来て下さるお友達との再会です。
   なつママが東御市から、かいに会いに来てくださいました。
   チョコちゃんママは千葉から来てくださいました。
   ムーちゃんママも電車でお越しくださいました。
   ご近所のお散歩友達のママさん達もかいにお線香をあげてくださいました。
   多くのお友達&ママさんに愛して頂いて、かいさん幸せ者です。
   主婦キラーなかいさんです^^
   皆様 ありがとうございます
   かいも一緒6
   頂いたお花のお水を替えて茎を少しカットして等々。。
   頂いたお花が枯れてしまったら、かいが居なくなってしまいそうで・・
   毎日「枯れないでね~ 
        綺麗に咲いててね~」と話しかけながらお世話をしています。
   そして
   かいも一緒14
   「かいちゃんは幸せ者だよ 
      こんなに沢山お花を頂いてさっ 皆さんに感謝だよ
       きっと母さんが亡くなった時よりお花が多いと思うよ~
         かいちゃんも皆さんにお礼を言わなくちゃいけないんだよ」
   かいとそんな話をしながら お花のお世話をしています。

   それともう一つのお楽しみがあります。
  
   夜にお花のお世話をするのですが、  
   手が遅いうえに、かいとお話ししながらの作業なので、
   時間があっという間に過ぎてゆきます。
   全部終えて、一段落した時、
   偶然にも時刻が AM1:11 の時が何度かありました。
   かいの誕生日と同じ1:11。
   かいが「此処に居るよ」て言っているようでホッとするのです。
   AM3:3 もありました。
   3月3日はかいが家族になった日です。
   3:3 に気付いた時も嬉しくて涙が溢れました。  

   日々の暮らしの中で、かいを探そうとしています。
   そして かいを見つけると、
   その一瞬でも、かいが居ない悲しさを紛らわす事が出来るのです。
   
   一週間が経ち、二週間が経ち・・
   一か月 二か月 半年 一年・・と
   かいの居ない月日がこれから続くのですよね 
   お花 絶やさないようにします。
   かいがずっと側に居てくれる様に。。  
     

スポンサーサイト