実はオタクなんです・・(・∀・)V

category - かい☆せら
2011/ 08/ 30
                 
   実は、私オタクなんです('◇')ゞ
   それはそれは、夜な夜な・・いえいえ 夜とは限らず
   時間のある時でしたら、何時でも何処でも♪
   没頭してしまうのです=3=3
   それは何かと言いますと・・
   犬の犬種別の特徴?説明書??を読む事なのです。
   愛玩犬・鳥猟犬・牧羊犬・獣猟犬・作業犬・テリア・日本犬種等など
   グループ別に分かれている犬の特徴を読むのが大好き♪
   人間が狩猟や仕事などの為に改良し、作出された犬達の歴史を見るのが大好きなんです☆
   この犬種とこの犬種を掛け合わせて、○○を作り出した!等など。。
   驚きと共に、太古の時代から、人は犬と共存している事に関心があります。。
   その中には・・絶滅してしまった犬種もいます。
   食用犬の歴史もあるのですが。。
   食用・・と言うと中国のわんこ!のイメージがありますが
   中国だけでなく、メキシコにもそういった歴史があり。。
   悲しいかな・・日本にもその様な歴史があります。
   そして、さも悲しい事に・・北海道犬が食用犬!の時代もあったそうです。
   色々な時代がありますね
   全て含めて、人間との共存!なのですよね(´・ω・`)シミジミ・・

   「何故サルーキなの?かいママは、二頭目も北海道犬だと思ってた」
   せらを迎えたばかりの時、よく言われました。
   そして、今も時々「何故 北海道犬とサルーキなんですか?」と聞かれることがあります。
   話せば長くなるので
   「運命です!」と答えますが。。
   かい♪せら♪を迎えるには、私のこのオタク!が大きく関係しています^^
   オタクです1
   私は今まで、かい☆せらを含めて4頭の犬と生活をしてきました。
   初めて飼った犬は、北海道犬の「天(てん)」
   二頭目が、雑種のくんちゃん。
   そして かい☆せらです。

   

   
   
   
   
            

   オタクです2
   天は北海道犬の男の子でした。
   かいと同じ赤毛ちゃん♪
   11歳で虹の橋を渡りました
   オタクです3
   くんちゃんは雑種の男の子。
   大きさはシュナウザー位でした。
   19歳で虹の橋を渡りました
  
   天もかいも、不思議なご縁で私のところにやってきました。勿論くんちゃんも♪
   かいを迎えた時、北海道犬だよ!と聞いて、直ぐに天の事を思い出しました。
   まだ私は小学生でしたが、北海道犬(アイヌ犬)なんて聞いた事も無く
   だからこそ、天を迎えた時から、北海道犬の事、色々な犬種の事を知りたくなりました。
   北海道犬は今も昔もメジャーな犬種ではないのに
   同じ犬種を(探し求めた訳ではなく)二度迎える事になろうとは・・
   きっと先代犬の天が繋げてくれたご縁なのだと思っています。

   同じ北海道犬の男の子と二度生活してみると、ド素人の私ですが
   北海道犬の賢い所、強い所などが判って来たように感じます♪
   そして、そんな中で、この犬種はどんな性格なのだろう・・と
   色々な犬種に興味が湧いて来ます(フツフツと・・( ̄∀| ニヤリ~)
   お蔭さまで、色々な犬種の友人にも恵まれ
   「やっぱりそうなんだ~♪」
   「こーゆうふうに行動するんだね~♪」「かいと違うわ~」と感心したり。
   色々な犬種の特徴などを知る事が出来、幸せです^^

   そして、せらを迎えました。
   サルーキ飼いの方でしたら皆さんご存知ですが
   サルーキの歴史はとても古くて、紀元前7000年頃まで遡るそうです。
   イエス・キリストが生まれる何千年も前からサルーキはサルーキだったんです☆
   今は西暦2011年!
   ひょっとしたら、サルーキは一万年も変わぬ姿で居たのかもしれません!
   その頃、日本は縄文時代!
   そんなそんな太古の時代から、砂漠の遊牧民と共に猟に勤しんでいたのです。
   サルーキは中近東地区で「神からの授かり物」として大切に保護されてきたそうです。
   門外不出だったからこそ、他犬種と交わる事無く
   紀元前の時代から現在まで姿形が変わる事無く
   サルーキはサルーキ!な事に、
   私はせらを迎える前から、サルーキに恋をしていました♡♡
   人間が、生活スタイルに合わせて犬を改良して行く!そんな時でも
   サルーキはサルーキなのです。
   人の手が加わらずして あの美しい姿 (☆∀☆)キラーン
   そして、甘えっ子で寂しがりや♪(これはかいも同じ^^)
   
   せらが若い頃は、躾をしっかりしなくっちゃ~!
   ゲージでのお留守番に慣れさせなくっちゃ!
   なんて思っていましたが、この頃は
   投げたボールを持ってこなくたって・・「まっいっか~ せら(サルーキ)だから」
   呼んでも知らんプリンされても・・「まっいっか~ せら(サルーキ)だから」
   ソファーでデーーンと居座っても・・「まっいっか~ せら(サルーキ)だから」
   っと犬種を理由に妥協している私・・
   勿論!
   せらとは似ても似つかない、とってもお利口さんのサルーキさんも沢山居ます♪
   でも・・我が家では サルーキ=せら! 北海道犬=天&かい!
               (↑しか、良く知らないものでして・・(~-~;))
   オタクです4
   「にぃの物はあたちの物!あたちの物はあたちだけの物!!」byせらの信念

   そして、見て下さい! この動画を~(/⌒∇)/ プリーズ☆☆
   
   これぞサルーキ!と見入ってしまいますw(>∀<)w
   この健脚!この速さ!!持久力!!!そして、この果てしない大地!!
                     (ちょっとブレブレですが・・)
   凄い事ではないですか??(←興奮気味の私です( ̄▽ ̄)=3 )
   
   サルーキの本能を思い存分発揮できるなんて、本当に羨ましいです。
   私は、田舎におりますので、
   北海道犬のかい。サルーキのせら。と一緒に生活をする時、
   彼らが持っている本能を少しでも解消してあげたい。。と思っていました。
   それは、先住犬、天の時も、くんちゃんの時も同じで
   林檎畑に出かけたり、実家の山に入った時は天も一緒にフリーで遊ばせていました。
   今も、そのような環境が多少あるので
   ドッグラン以外にも山などを歩く事が出来ます。
   
   でーーーもーーーー!
   こんな砂漠でせらを思い切り走らせてあげたい・・・(>∀<)   
   こんな広大な砂漠で、目を輝かしているせらに会いたいな~っと夢見ている私です

   せらは視覚ハウンド!そして、かいは狩猟犬!
   北海道犬は、熊やエゾジカ狩りに従事した足腰の強い勇敢な犬です。
   オタクです5
   かいは熊もエゾジカも狩れませんが・・反対に狩ったらビックリだけれど(^▽^;)
   でも、山で熊の匂いは判るようです。
   鳴かずに、毛を逆立て腰を低くして森の奥を見ている時があります
   ですので、冬以外で山に入るとき、かいは重要なボディーガードです♪
   そして、これぞ北海道犬!と私が共感する本があります。
   オタクです6
   此方の本です^^
   北海道犬が群で猟をする模様を描いています。
   過酷な中にも、主人と犬達との信頼関係
   リーダー犬の覚悟!勇気!
   熊を追って巣穴に潜り込み、
   顎が砕け、内臓が飛び出るほどの瀕死の深手を負いながらも、
   決して諦めない北海道犬
   その北海道犬を、飼い主さんが、
   「申し訳なかった」と泣きながら背負って山を降ります。
   深手を負い、猟に出れないリーダー犬を他の北海道犬達は
   見切りをつけるでもなく、権力争いをするでもなく
   リーダー犬の傷の癒える事を待っているのです
   深手を負い、熊に恐れをいだくと思いきや
   まだ傷も癒えていないのに猟に行きたがる北海道犬!!
   飼い主に「熊追いの時間だよ」と無言の訴えをして立ち上がります。
   そんな北海道犬と飼い主さんの気持ちの通じ合いが
   生き物の域を超えているように感じました
   それに
   この本を読むと、かいも猟に参加しているように思えて(←すみませーーん(^o^;)
   飼い主としては、ドキドキした面持ちで読んでしまいます。

   あっ・・・先日テレビを見ていたら
   狼に最も近いDNAを持つ犬種に日本犬も含まれているそうです。
   狼に近い=切れやすい
   狼に遠い=切れにくい。。なのだそうです。
   切れる?怒りっぽいという事かな?
   狼に近くも遠くもない中間には、セントバーナードやチワワがいるそうです。
   大きさも違ければ、見た目も全く違うのに
   DNA的には、同じだなんて。。
   わんちゃんの奥は深いですね~☆☆
   オタク魂になおカッチャマンしちゃいました ∩`・◇・) ハイッ

   なんだか、今日は私のオタク話にお付き合いくださってありがとうございました♪♪
   今週もかい☆せらと一緒に白馬に川遊びに出かけたり、プール遊びに出かけたり。
   楽しく過ごしております。
   その模様は、次の日記に記載いたします^^
   本日は長文にお付き合いくださってありがとうございましたm(_ _)m

スポンサーサイト