がんばれ!くんちゃん。

category - 実家へGOー♪
2009/ 01/ 31
                 
   シトシトと朝から冷たい雨が降っています。
   この季節に雨。。
   温暖化の影響があるのかなぁと不安に思います「(´へ`;
   昨日、母がお出掛けの最中、かい☆せらはトリミングをして頂きキレイキレイになりました♪
   かい父曰く♪
   「かい、白くなったような気がする」
   私もそう思いますとも~(* ̄∇ ̄*)
   
   暫くの間は綺麗でいて欲しいです♪

   今日は日中、実家へ出かけました。
   実家も雨。。
   そして、雪が無い・・(´ー`;)  4月上旬の風景です。
   でも
   冬のくんちゃん1
   おじいちゃんのくんちゃんには この冬はありがたいです♪
   毎年・・
   
            

   冬になると足が弱ってしまうくんちゃんなので
   今年の冬も心配なのですが、お家の中に暖かい敷物を入れても、
   直ぐにかき出してしまいます。
   寒くないのかなぁ?
   
   母(くんちゃんにとっては永遠のお姉ちゃん(* ̄∇ ̄*) テヘッ♪♪)にスルスリするくんちゃん

   くんちゃんは3月14日に我が家にやって来ました。
   その数年前・・
   「てん」が3月15日に天に召されたのです。
   お散歩に行こうと、大積雪の中、「てん」のお家に行くと
   雪の中で丸まりながら、母を見て微笑んでくれました。
   でも、その背中の毛は凍っていました。 
   一体いつから其処に倒れて、私が来るのを待っていたのかと思うと今でも涙が止まりません。
   慌てて「てん」を抱き上げ、自宅の玄関に入れましたが、横になったまま・・でも意識はあります。
   母の実家は田舎なので、その頃は獣医さんと言えば、牛やヤギを診てくれる先生の事。
   「てん」も集団での狂犬病注射以外、獣医さんにかかった事がありませんでした。
   急いで電話帳で、実家周辺の獣医さんを探して、圧雪の道路を隣村の獣医さんへと走りました。
   着くまでの間、「てん 大丈夫だからね、しっかりね」
   ずっとそう話しかけました。
   「てん」も、コクン、コクンとうなずいてくれていた様に思います。
   獣医さんでは、道までお医者さんが出て待っていてくれました。
   「てん」を抱えて、病院へ入り、
   診察室の上に「てん」を横たえた私のスエットには水を溢した様な後が・・
   それは「てん」のオシッコ。。
   「往っちゃったんだ・・」 そう思いました。。
   その後、獣医さんがなんと仰ったのか覚えては居ませんが
   私の話を聞いて「フェラリア」と仰いました。
   その頃、ワクチンなど知らず、蚊取り線香などを焚いて蚊除けをしていました。
   まだ、軟らかく暖かく眠っているだけの「てん」を抱き抱えて自宅に戻りました。
   往年11歳でした。
   虫の知らせ・・と言うのでしょうか。。
   翌日には、妹が留学の為旅立つ事になっており、両親、兄妹、祖父母等
   家族が全員揃っていました。
   「てん」をお座敷の布団の上に寝かせ家族皆で囲んでお葬式をしました。
   本当に切なかった・・。
   家族皆で「てん」を囲む事が出来て本当に良かったです。
   そして、「てん」は抱きかかえた私の腕の中で召されたのだと信じています。
   翌日・・父は庭から繋がる林檎畑の一角に「てん」とフードも一緒に埋めてくれました。
   私達も一緒に土をかけました。
   その「てん」のお墓には、父が花の苗木を植えてくれ、今は大きな幹に育っています。
   「てん」が亡くなった翌日・・「てん」と一緒に散歩をしている道を通ると、
   雪の上に「てん」の足跡がずっと続いていました。
   「てん」が亡くなる前日まで、雪に覆われた田んぼの中へとズボズボと入り込んで歩いていた
   足跡が、そのまま残っています。。
   そこに まだ「てん」が居るようで・・
   立ち止まって「ごめんね」と泣く事しか出来ませんでした。
   その足跡は3,4日そのままの状態で残っていました。
   冬のくんちゃん2
   「てん」は、かいと同じ赤毛の北海道犬。
   そして、実家のくんちゃんは「てん」の命日の1日違いで実家にやって来たワンコです。
   くんちゃんにはなにやら運命を感じました。
   かいやくんちゃんと接する度に、毎日「てん」の事を思い出します。
   そして、「てん」にしてあげられなかった事を、かい☆せらにしてあげたいと思うのです。
   それが、「てん」への償いの様な気がしています。
   
   くんちゃんは、「てん」と同じ様に田舎の飼い方なので、ワクチンなんて異国の話!
   フェラリア予防には、犬用の蚊取り線香をたいているのですが
   獣医さん知らずで、19歳になります♪
   「てん」と一緒に走った散歩道を
   
   くんちゃんも走って匂いをかいで♪
   今年の冬は暖かいから、足取りもなにやら軽やかに感じました。
   実家父にそんなくんちゃんの話をすると
   「でも この頃ボーーっとしてるよ」って。。
   冬のくんちゃん3
   くんちゃん 「てん」の分まで長生きしてね♪

   冬のくんちゃん4
   「てん」に比べると、同じ北海道犬でもかいには迫力がかけているような?!
   冬のくんちゃん5
   小学校の時「大好きてん君♪」って歌を歌って登校していたのを思い出しました(;^_^A
   ♪山を越え~谷を越え~ 僕らの街にやって来たぁ
                 天道君が~ やって来たぁ~(^O^)♪♪Song byてんのお姉ちゃん
   あはっッ 思いっきりのパクリだったりしましたぁ(・∀・;

スポンサーサイト

            
                                  

コメント

非公開コメント
        

かいママが私の想いを代弁しているのでは!と思いました。 
私も虹の橋を渡った子達、全員を覚えています。 
ミア、あんず、隼人、チロ、コジ、ミーオ、たま吉。事故にあってしまったり、自分の最後を悟って自ら姿を消した子もいました。畑の小屋の脇で既に息の無いコジを見つけた時の悲しさと安堵の想い。
今は、亡くなった子達の子供や孫、ひ孫までが賑やかに家中走っています。血縁だからかな?瓜二つの子もいるんですよ♪ 
これからも、多くの命を見取って行きますが、いつか虹の橋のたもとで逢える日が来るのですから楽しみですよ。
長老くんちゃんのしっかりとした歩き方を見て安心しました。 
早く春になって暖かい庭先で日向ぼっこをさせてあげたいね(^-^) 
くんちゃん、がんばって! 

てん君とってもキリリっとしていて風格のある良いお顔をしているね。かいちゃんにも似ているけれど、かいちゃんの方が幼く見えるかも(^_-) 
てん君にも逢いたかったな♪こんど「大好きてん君」の歌を生で聞かせてね~^^♪
てんちゃんの歌、いいですね~☆
てんちゃんと、くんちゃんのお話を読んでいると涙と鼻水がダバダバ…。 (iдi*)
ぶわっ 止まりませ~ん!

くんちゃん、かい母さんと一緒にお散歩が出来てとても嬉しかったのですね。
くんちゃんの画像からは、かい母さんの愛情に応えたくてたまらないというイメージが浮かんできました。

寒い冬も後少しですね。
これからも、お元気でお過ごしされますようお祈り申し上げます。
くんちゃんって19歳なんですか!?傾斜を上り降りして、足腰もしっかりしているんですね。
犬も19歳までこんなに元気にいられるかと思うと、こちらまで励みになります。
我が家の犬は洋犬だから和犬や雑種より寿命短いって言われるけど、頑張らせようっと!
この調子で、くんちゃんもずっとず~~っと元気でいてほしいです。ガンバレ!くんちゃん!

てんちゃんとかいくんって顔つき違いますね~。迫力なくても愛嬌で勝負よ、かいくん!

今日、具合悪くて昼寝したらレオンがお骨になって、私と母が骨箱に入れる夢を見て、号泣しながら目が覚めました。
家族みんな心配して飛んできてくれましたが、我ながらびっくりです。
なんでそんな夢みたんだろう…と思ってます。
初代愛犬の死に目にそばにいてやれなかったことをずっと後悔してるので、そのせいかも。

かい母さんの腕で天に召されたてんちゃんは、きっと幸せだったと思いますよ。
くんちゃん、がんばって!
くんちゃんのクリクリした目、とっても可愛い。
かい母さんを信頼している目ですね。
すりすりは、あんずがします。
どこか似ています。

てんくんを看とったお話は、身につまされます。
私も多くのワンコを看とり、今も悲しみが癒えません。
上記のたんぽぽさんのコメントにある
“自分の最期を悟って、自ら姿を消した子”
私のボンがそうでした。
今も自分を責めてしまいます。気付いてやれなかったことを。
せめて今、手元に来てくれた子たちを
大切に育んでいきたいと思っています。

かい母さんの優しさに包まれた子たちは
全員幸せですよ。
てん君の話を読んで・・・涙が止まりませんでした。てん君、かい母さんが来るまで待っていたんだね。家族皆にお別れを言う事が出来て、てん君幸せだったね。 
私は若い頃、とても悲しい別れをした愛犬がいます。あの子の事は一日も忘れた事がありません。その子の為にも、柚子と花を幸せにしてあげたいと思っています。
てん君とくんちゃんに運命的なものを感じます。そして、てん君とかい君にも。くんちゃんのキラキラしたお顔!元気いっぱいですね。
くんちゃん、冬になんか負けるな!がんばれ、くんちゃんo(^-^)o
タンポポさんへ♪
虹の橋で絶対に会えますよね♪
別れはとてもとても辛いけれど・・・それが最後ではなく、必ず虹の橋で会えるのだから。。
私もこれから別れを経験して行きますが、タンポポさんと同じ想いで旅立たせてあげたいと思います。
そして、タンポポさんは幸せです。
虹の橋の袂で待っている子達の孫や曾孫。。ずっとずっと、その子の生きた証が居てくれるのですから。。

くんちゃん、元気でがんばっていました。
くんちゃんは雑種なのですが、雑種は強い!といいますが本当ですね。
去勢もせず、蚊取り線香で夏を過し、8才でフードを知るまでは人間のご飯を食べていたくんちゃん!
でも、病気知らずで19歳です。
凄いですよね(^O^)
「大好きてん君」の歌 聴きますか?(汗)
同級生との新年会の時にも「てん君の歌 歌ってたよね~」って言われました。。
同級生の記憶力は凄いですね。
歌の続きもあるんですよ、それは、お逢いした時に(´▽`)/
まあしゃ さんへ♪
わぁ~い まあしゃさぁ~ん\(*^▽^*)/
てん君の歌 思いっきりのパクリですよね(汗)
かい☆せらは私が飼い主として責任を持った初めてのワンコですが、「てん」やくんちゃんは、実家の家族として生活していたワンコです。
私も子供だったので、今のかい☆せらの様な飼い方をしてあげられなくて・・てんには沢山の事を我慢させてしまったのだろうな。。と申し訳なく思っています。
てんに比べたら、くんちゃんは自分の意見を「ワンワン」と主張してくれるので、きっとストレスも少なく19歳まで元気で居てくれるのだと思います。
本当に、てんは 高倉健さんみたいなワンコだったんです。。黙して語らず。
男でした~♡♡
まあしゃさんもお風邪など大丈夫ですか?
まだまだ寒い日が続きますのでお身体をご自愛下さい♪
ホキュちゃんとプリちゃん♪2人の笑顔を拝見に伺わせて頂きます(≧∇≦)
hiropuriさんへ♪
くんちゃん、今年で19歳なんですよ♪昨年の冬は腰に「床ずれ」が出来てしまったり・・足腰が弱ってふらついていたので、とても心配でしたが、今年は雪が少ないので元気で居てくれます♪
雑種だからかなぁ(≧∇≦)
小型犬、大型犬でも寿命は違うといいますよね。。
私も1日でも長く、かい☆せらと健康に暮らしていけるよう頑張ろうと思います♪♪
目指せ くんちゃん!!です☆☆

hiropuriさん 悲しい夢を見ましたね・・(ToT)
でも 人に話したからもう大丈夫!
そんな事、絶対に起こりません=3=3
レオンちゃんもまだまだ 犬生の半分も生きていないのですから、これから、第2、第3の犬生がまっているんですよ!
手始めの大役は、ロミオちゃんのお相手かな?
若い子に負けるなぁ~ がんばれ レオンちゃん\(≧▽≦)丿

hiropuriさんも悲しい思い出があるのですね。。
私も「てん」にしてあげられなかった事・・申し訳ない思いでいっぱいです。
そんな想いを虹の橋で「てん」に会った時に伝えたいと思います。
それまで、清く正しく愛深く(私の高校の校訓です)生きて行きたいと思います(笑)
クルアンママさんへ♪
あんずちゃんと一緒にしてもらって、くんちゃんたら男冥利につきます(*^o^*)
くんちゃんの目、白内障の様に白くはなっていないのですが、やはり少しつづ老いて来ています。
時々、クルクル廻ってみたり・・。
もうお爺ちゃんなので1日中眠っていますし・・でも私が帰って来ると「ワンワン、遊んでよ!お姉ちゃん」って呼んでくれるんですよ(^-^*)
そして 遊んだ後は「何かくれ!!」って(笑)

クルアンママさんの仰るとおりです。。
せめて、手元に居てくれる子を幸せにしてあげたいと思います。
ボンちゃんとの別れ・・ママさんもお辛かったですね。。私も後悔ばかりが残っています。
なぜ もっと早くって・・・。
でも 虹の橋で会えますもの♪
ね、ママさん(^-^*)
柚子花さんへ♪
湿っぽい話を書いてしまってすみませんでした。。
柚子花さんも悲しい別れがあったのですね。ずっと心に残っている後悔の気持ち。。よく判ります。
私も、だからこそ毎日「てん」の事を思い出してしまいます
私も「てん」とくんちゃんは運命めいた物があるように思います。。
生まれ変わり・・ではなく、きっとこの世に誕生する前、お空の上で「てん」とくんちゃんは親友だったのだと・・。
そして「僕が先に行くから、君は僕がここに戻ってきたら下りてくれる?」byてん
そんな仲だったのかな~なんて勝手に思っています(笑)
北海道犬も、そうですよねぇ
偶然同じ赤毛の北海道犬。。
なにやら運命めいた物を感じます。そしてかいも「てん」も我慢強く、健気で優しい子達です。
そんな2頭と出会うことが出来て、私は幸せ者です♪♪
かい母さんと同じ日に、お互い亡くなった子の事をブログアップしているなんて、
不思議ですね!

くんちゃんはお年の割りには 目の光が若いし、体形も維持してるわ☆
てんちゃんの分まで絶対絶対長生きしてください。。。

私も大昔になりますが、実家の犬をフィラリアでなくした事があります。その頃は予防接種もなくジステンバーで死んだ子もいます。
今ごろは天国で皆で楽しく走り回っているんだろうなぁ~~~

てんちゃんは間違いなくかい母さんの腕の中で息を引き取ったとおもいます。
ワンズは一番愛する人のもとでか、。。。
または全く誰もよせつけないか。。。
そういう形で逝くそうですから。

お互い今手元に与えていただいた子たちを大切に愛情を注いで行きましょうね
ペペママさんへ♪
私もママさんと同じ日に・・と、不思議な縁を感じました。
くんちゃんは、てんの命日の1日違いで実家にやって来たわんこなのですが、きっと前世でてんとお友達だったのかな♪なんて思います。
くんちゃんもお爺ちゃんになって耳は大分遠くなりました・・。
眼はキラキラしている様ですが、少し見えなくなっているような気もします。。
でも 食はモリモリ\(^O^)/ 元気いっぱいなんですよ♪
この冬も元気に乗り切って欲しいと思います♪

ママさんのおっしゃる通りですよね。
今手元に居てくれる子達を愛情を持って育てて行きたいです♪♪
そして いつか虹の橋で皆を抱きしめる日を想っています。